回転卓

~Tables tournantes~

  • *Admin |
  • *Write |
  • *Edit
  • †知ってる人なら知ってる!なるべくソフトに逝こう!過剰に期待しないように~。許容範囲を超えたら、恐れ慄け†

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[動画] ファンタスティック・プラネット

  • ジャンル:[
  • テーマ:[人間
ふぁんったぁすてぃっく!(゚Д゚)ノ ァィ

『幸せ』を
知ったほうがいいのだろうか?
知らないほうが「幸せ」なんじゃないだろうか?
「幸せ」を求めて「欲」になり苦しむことになるなら
知らないほうが『幸せ』なのではないだろうか。

思わず見入ってしまいました。

ファンタスティック・プラネット

映画好きなら知っている方も多いかと思います。

原題 「La Planète sauvage」(野生の『野蛮な』惑星)
原作 ステファン・ウルのSF小説「オム族がいっぱい(Oms en Série)」
1973年製作の長編アニメ映画
フランス・チェコスロヴァキアの合作。監督はルネ・ラルー

1973年度のカンヌ国際映画祭で特別賞を受賞した作品(アニメで賞を取ったのはこれが初だったかな)
後の「風の谷のナウシカ」にも影響を与えたと言われている。

兎に角発想がすごい。あとシュール。
加えて全てにおいて不気味さがあり、怖さもある。こういった発想の原点はルネ・ラルーのwiki見てもらえれば少しは垣間見えるかもしれない。
アニメのことは σ(`・・´ ) 詳しくないので説明できないが、制作に関してすごい技術を使っているとの事。
詳しい人wikiみてね。

アニメだからといって子供が見ることはお勧めしない。間違いなく泣く!夜夢に出る!トラウマになる!
大人でもこれは・・・って思った。

百聞より一見!
どうぞ(ニコ動なのでコメ非表示推奨。こわかったりしたら表示したほうがいいかな)






手塚治虫の「火の鳥」にもありそうな話だね。
一昔前の人たちは本当にすごい人たち多いなぁ。

確かに現実を逆にしてみたらこうなるかもしれない。もうなっているのかもしれない。されなくても自滅の道に入っているのかもしれない。
いろいろ考えさせられる話でした。作品としてもさすがというだけあって素晴らしかった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
オードブル精神崩壊サイト回転卓へようこそ!

ご案内

刹那に消えるこの刻

今日壱日生き永らえます様に・・・

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者

†過去†       

うる

Author:うる
ようこそ回転卓へ
中二病棟夜勤に勤務中のうるです。
毎日ガクブルって叫びまくってます。
鬱るんです・・・

つぶやいてません
urukingをフォローしましょう

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

カスタム検索

深層心理にある恐怖は世界共通・・・

復活 胸焼け・胃凭れに

黙考

主よ。この声、届きますか?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。