回転卓

~Tables tournantes~

  • *Admin |
  • *Write |
  • *Edit
  • †知ってる人なら知ってる!なるべくソフトに逝こう!過剰に期待しないように~。許容範囲を超えたら、恐れ慄け†

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[動画] かちかち山

story02.jpg(゚Д゚)ノ ァィ

σ(`・・´ ) の(|| ゚Д゚)トラウマー!
かちかち山

童話というのは世界各国にそれぞれの話があり、子供に読ませる、又は読み聞かせることによって情操教育を目的とした一つの方法。

多分ほとんどの人が子供の頃に通ってきた道であろう。

ただね、それぞれの童話は現在は子供に読めるようにソフトな感じで少し話が変えられていたり、内容の一部がカットされたりして、それが今の共通の話として世間に広まったんだ。

でもね、童話ひとつひとつの原文を調べてみると、非常に残酷であったり気持ち悪かったりと、とにかく怖い話が多いんだ。

何年か前に、「本当は恐ろしいグリム童話」とか、ミリオンセラーになったり、そういう類の本が流行った時もあったね。 σ(`・・´ ) も読みました。

そこで今回、 σ(`・・´ ) の(|| ゚Д゚)トラウマーの話「かちかち山」です。
確かまだ絵本が家にあったはずなんであとでさがしてみっかな。結構絵が怖かった記憶が残ってる。

話のあらすじ(もう知ってるよね・・・)
おじいさんが山で生け捕った狸をおばあさんに狸汁にしてくれと頼み、おばあさんがその支度をしている時、狸がおばあさんを騙し、撲殺し、皮を剥ぎ、その死肉で婆汁にし、おばあさんの皮を着ておじいさんに食べさせた。(ある意味カニバリズム)そこでおばあさんの骸の前で泣き崩れているおじいさんに、兎が仇をとってやると言い、狸に火傷を負わせ、その傷口に山葵だかカラシだかのしみる系のやつをぬったくり、さらには泥舟にのせて湖で溺れされ殺す。
というお話。 (σ(`・・´ ) のあらすじ文、読み直してみたら、より怖く書かれている・・・Orz)
かちかち山の由来は、火傷を負わす際の、火打石による音から。
子供には「悪いことをしたらその報いが必ず来る」ということを伝えたい物語なのであろう。

σ(`・・´ ) が子供の頃に読んだ内容はこうだったが、徘徊してたらもう一つの話があるらしいんだが、それはよりソフトにされ、殴られはしたがおばあさんは怪我を負っただけなのと、最後、狸が溺れる前に兎が助け、おじいさんおばあさんに誤るというものらしいんだ。

ただ本当の昔の話だと前半の狸の悪事部分はなく、後半の兎が狸を虐める部分の話しかなく、完全に兎のほうが悪者だったが、後に前半部分が加わり、兎は一躍ヒーローになったんだと。

後者がより子供に悪影響を与えないように作られてるね。絵本の出版社によっても違うのだろう。
σ(`・・´ ) が子供の頃に見た絵本は狸がおばあさんを殴っている絵があって確かおばあさんの皮を被っている絵もあった気がする。そこまでじゃなかったらトラウマになってなかったな。
なんか画像もなく長文すまんね。

動画があったから載せます。
トラウマ的動画の宝庫「まんが日本昔話」より
「かちかち山」(市原悦子いいなぁ)

なんかこれもちっと内容が違うな。最近のゴールデン枠再放送のほうかな。
またメディア規制か!!!

もう一本
「かちかち山」(これは昔やってたやつだな。最初のCMに幼き安達祐美が!)

これは σ(`・・´ ) の知ってるほうだな。婆汁の件はカットか、TVだし当然か。

一応おばあさんも狸も命絶たれない動画もあったんだが回転卓ぽくないのでのせません。あしからず。

そして、童話に関係してひとつ。
「メルヘン」
いわゆる幻想的な話や綺麗な話を総称しての言葉として使われているけど、ほとんどの童話の原作は非常に残酷であることから、 σ(`・・´ ) はそういう話の裏に隠れた残酷な話の意味合いで強く捉えている。残酷な話のことを σ(`・・´ ) は「メルヘン」と使うことがあるので、そう思っていただきたい。
話や物語に限らず。
又、「メルヘン」については記事にします。いつか・・・
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
オードブル精神崩壊サイト回転卓へようこそ!

ご案内

刹那に消えるこの刻

今日壱日生き永らえます様に・・・

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者

†過去†       

うる

Author:うる
ようこそ回転卓へ
中二病棟夜勤に勤務中のうるです。
毎日ガクブルって叫びまくってます。
鬱るんです・・・

つぶやいてません
urukingをフォローしましょう

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

カスタム検索

深層心理にある恐怖は世界共通・・・

復活 胸焼け・胃凭れに

黙考

主よ。この声、届きますか?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。