回転卓

~Tables tournantes~

  • *Admin |
  • *Write |
  • *Edit
  • †知ってる人なら知ってる!なるべくソフトに逝こう!過剰に期待しないように~。許容範囲を超えたら、恐れ慄け†

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[歴史] だるま女

489b9bb3f2568.jpg(゚Д゚)ノ ァィ (注:これは達磨)グロ注意報発令中!やっちゃだめよ警報発令中

過去から人を知り 人体を知り 正へ向かうか悪へ向かうかは貴方次第

「だるま女」

都市伝説の一つとされている・・・のか?いやそれはないと思うぞ?


望まずに自由を奪われる人の苦痛と気持ちを考えろ


所謂 四肢を切断された女性のこと。
見た目からそう呼ばれていたそうだ。
剰え、舌を抜かれ喋れなくされたり、眼球をくりぬかれたりなど。

理由は様々、誘拐・借金のかたに拉致などなど
そのような体にされた後、見世物小屋などで見世物にされたり慰み者にされるらしい。客は主に各国の富豪が多いらしい。(富豪ほど陰険で悪質でサディスティックな趣味、嗜好が多いと「終わらない夏休み」で知ったね。要は、普通じゃ駄目。より強い刺激と快楽が欲しいということなんだそう。)

都市伝説とされている話の例

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。現地警察に通報するも、目撃者がいない上、外国人である夫に警察は冷たく、早々に調査は打ち切られ、彼は帰国を余儀なくされた。

数年後、某国を訪れた夫は「だるま」と日本語の看板を掲げている店に立ち寄る。そこはストリップ小屋で、やがて現れたのは両手両足を根元で切断され、壁に固定された真っ裸の“だるま”のような女だった。舌も切断されているらしく、涎を垂らし、焦点の定まらない目で天井を見つめている。

その女は、あの日消えた妻だった……。(wiki抜粋)

こちらの話は都市伝説の一つ「忽然と客の消えるブティック」のつながりや関連話として語られる事が多い。また、「中国奥地の達者(だるま)」とも関連している。
これらの話の骨子は、怪談「灯台鬼」である。

歴史上のだるま女

† 漢王朝を興した劉邦の正妻呂后は夫の死後、自分が生んだ劉盈(恵帝)の地位を脅かしかねないと、劉邦の側  室であった戚夫人の手足を切断、更に薬物による会話能力破壊・聴覚破壊、眼球までくりぬき、生きたまま便  所に配置し「人豚」と称して晒し者にしたとされる。これは『史記』に記載され、呂雉の残忍さを表わすもの  として有名な逸話であるが、当時の医療技術でそのまま生存させることが可能だったかは疑問である。
† 中国史上、唯一人の女帝である武則天も、亡夫高宗の寵愛を争った王氏(前皇后)・蕭氏(前淑妃)両名の四  肢を切断後、「蟒」・「梟」と無理やり改名させるという恥辱を与え、処刑したとされる。

全てwikiそのまま抜粋。疲れてます。纏められませんすみません。

また実際にだるま女と呼ばれ見世物小屋にて見世物をした人物もいた。
† 中村久子
幼少の頃受けた左足の甲による凍傷が左手、右手、右足へ移り切断を余儀なくされる。
二十歳には継父に身売りされ、「だるま娘」の名で見世物小屋での芸人として働くようになり、両手の無い体での裁縫や編み物を見せる芸を披露。

他にもたくさんの波乱に満ちた人生を送る。詳しくはwikiにて。
ハンデを乗り越え、幾多数多の困難に遭いながらも強く生きた女性の一人である。
東京日比谷公会堂でヘレン・ケラーに出会い、ケラーから「私より不幸な人、私より偉大な人」と賞賛されたという。
残した言葉には
「人の命とはつくづく不思議なもの。確かなことは自分で生きているのではない。生かされているのだと言うことです。どんなところにも必ず生かされていく道がある。すなわち人生に絶望なし。いかなる人生にも決して絶望はないのだ。」

素晴らしいです。

う~ん。なんだか回転卓らしからぬ方向に向かっちゃったかな。最近の σ(`・・´ ) は暫く以前のようにはいかないかもしれない・・・。

さて、戻ります。だるま女

関連項目
肉だるま・・・検索してはいけない言葉に入っているものです。画像検索は絶対にしてはいけません。しないためにも簡単に説明しておきます。・・・グロAVです。想像がつくと思います。
最近では、映画「十三人の刺客」という映画が公開されているそうですが、暴君として描かれる松平斉韶が、一揆の首謀者の娘をだるま女にする、というストーリーが含まれている。また、そのだるま女が実際に登場するそうです。見ていないのでなんとも言えません。機をみて見てみたいと思います。監督三池崇史だしな~。見てみたいかも。

動画
あまり関係ないかもしれないが、そうではないかもしれない
不思議であり、怖くもあり、そんな動画があったので載せてみる。
人によっては精神的にきついかもしれません。
(視聴注意報発令中)



今回はだらだらと長い文章だけになってしまい申し訳なかったです。もっと途中に画像など入れればよかったんだけれどね。疲れてます・・・。

不遇な事故や病によるものは仕方ないが、己の私利私欲のため己の気分のために人を弄んだり壊したり殺したりする輩を σ(`・・´ ) は絶対に許さないぞ!!



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
オードブル精神崩壊サイト回転卓へようこそ!

ご案内

刹那に消えるこの刻

今日壱日生き永らえます様に・・・

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来訪者

†過去†       

うる

Author:うる
ようこそ回転卓へ
中二病棟夜勤に勤務中のうるです。
毎日ガクブルって叫びまくってます。
鬱るんです・・・

つぶやいてません
urukingをフォローしましょう

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

カスタム検索

深層心理にある恐怖は世界共通・・・

復活 胸焼け・胃凭れに

黙考

主よ。この声、届きますか?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。